サイエンス・オリンピアド2021 オンライン大会

筑波大学附属駒場高等学校チームがアメリカの科学好きの高校生とともにオンライン大会に参加

2022サイエンス・オリンピアド・ナショナル・トーナメント
オンライン大会日:2022年5月15日(日本時間)

第11回科学の甲子園全国大会優勝チームの筑波大学附属駒場高等学校のメンバー8人が、全米の科学好きの高校生とともに「2022 Science Olympiad National Tournament on Virtual」にオンラインで参加しました。
Global Ambassador Teamとして4つの競技に参加。第11回科学の甲子園全国大会の表彰式からわずか3週間という短い期間にもかかわらず、英語研修や模擬問題の確認などの事前準備を進め、英語による難問に挑みました。競技終了後には「ニュアンスや単位の違いなどに戸惑ったけれど、英語で科学に触れられて楽しかった」「競技を通して、学んだ科学の知識が法医学などさまざまな分野で活かされることにあらためて気づけた」「大会に向けて勉強し、チームで取り組んだ経験は今後もきっと役立つと思う」と語ってくれました。

サイエンス・オリンピアド オンライン大会当日の筑波大学附属駒場高等学校の様子

※写真をクリックすると拡大します。