国立研究開発法人 科学技術振興機構

協働パートナー

協賛企業・団体(50音順)

旭化成株式会社

旭化成株式会社

ETS Japan

ETS Japan

株式会社内田洋行

株式会社内田洋行

株式会社学研ホールディングス

株式会社学研ホールディングス

ケニス株式会社

ケニス株式会社

株式会社ジー・サーチ

株式会社ジー・サーチ

株式会社島津製作所/株式会社島津理化

株式会社島津製作所/株式会社島津理化

スカパーJSAT株式会社

スカパーJSAT株式会社

帝人株式会社

帝人株式会社

テクノプロ・グループ

テクノプロ・グループ

サステナブルな社会の実現には、若い皆さんの豊かな発想による科学技術の発展は欠かせません。「科学が好き」という気持ちがいつでも皆さんと共にあることを願います。次代の発展を支える若者に気付きを与え育てるというJSTの取組みに賛同し、皆さんのチャレンジを応援します。

トヨタ自動車株式会社

トヨタ自動車株式会社

株式会社ナリカ

株式会社ナリカ

公益財団法人日本科学協会

公益財団法人日本科学協会

公益社団法人日本理科教育振興協会

公益社団法人日本理科教育振興協会

UBE三菱セメント株式会社

UBE三菱セメント株式会社

応援企業・団体(50音順)

サントリーホールディングス株式会社

サントリーホールディングス株式会社

スクールサポート株式会社

スクールサポート株式会社

東京エレクトロン株式会社

東京エレクトロン株式会社

公益財団法人日本発明振興協会

日本発明振興協会

協働パートナーの役割

産学官が一体となった新たな科学技術系人材育成モデル

企業の積極的な関与を通じ「科学の甲子園全国大会」が産業界と教育界をつなぐ”場”として役割を果たし、産と学の情報交流の活性化、および企業における理数教育支援活動の拡大を促進する、新たな科学技術系人材育成の場の創出をめざします。

協働の方法 ~産学官が創る科学祭~

指定の競技枠(総合成績枠、筆記競技枠、実競技枠、エキシビション競技枠)に協働パートナーとしてご参画いただき、各競技枠の特性に応じて、優秀校への賞金の授与、物品等の授与、表彰名や評価軸の提案、作問アイディア・競技の提供等についてご協力をお願いいたします。協賛方法の詳細はお打合せを通じて具体化していきます。

企業協働パートナーの利点

  • 社会に向けた企業ブランドの強化
  • 科学及び教育振興を推進する企業イメージの醸成
  • CSR(企業の社会的責任)を実践する企業イメージの醸成
  • 参加者(関係者含む)に向けた企業ロイヤリティの向上
  • 科学教育の支援者として企業へのロイヤリティの増大
  • 長期的に優れた人材獲得の可能性
  • 科学分野に優れた人材の育成に貢献
  • 優れた理数系人材の育成
  • 関係機関との交流(予定)
  • 関係機関との交流機会