科学の甲子園ジュニア

第2回全国大会について

平成26年度「第2回科学の甲子園ジュニア全国大会」開催概要

「第2回科学の甲子園ジュニア全国大会」は終了しました。

結果の詳細はこちら

実施・協力体制

主催:国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)

共催:全国中学校理科教育研究会

後援:文部科学省、東京都教育委員会、全日本中学校長会
公益社団法人日本理科教育振興協会

場所

BumB東京スポーツ文化館(東京都江東区夢の島2-1-3)

開催日程

平成26年12月5日(金)~7日(日)

代表チームの選考について

各都道府県教育委員会が選考方法を定め、各都道府県の全国大会出場チームを選考します。

代表チーム一覧はこちら

出場生徒について

全国大会に出場するチームは中学1、2学年の生徒(中等教育学校前期課程にあっては同年次の生徒)で構成する。全国大会に出場するチームは、各都道府県より1チームとし、1チームは6人中学1、2学年の生徒(中等教育学校前期課程にあっては同年次の生徒)で構成されるものとします。

競技の種類

  • 全国大会では、「筆記競技」と「実技競技」を行います。

  • 1.筆記競技
  • 理科・数学などの複数分野において、実生活・実社会との関連、融合領域に配慮した出題とし、生徒の修得済みの知識に加え、競技に必要な新たに示された情報を統合することで課題を解決します。


  • 2.実技競技
  • ものづくりの能力、コミュニケーション能力などを用いて課題解決能力を競います。

競技の形式

筆記競技は6人1チーム。実技競技は3人1チームで、課題を分担、相談するなど協力して成果を競い合います。

競技の種類

  • 全国大会では、「筆記競技」と「実技競技」を行います。

  • 1.筆記競技
  • 理科・数学などの複数分野において、実生活・実社会との関連、融合領域に配慮した出題とし、生徒の修得済みの知識に加え、競技に必要な新たに示された情報を統合することで課題を解決します。


  • 2.実技競技
  • ものづくりの能力、コミュニケーション能力などを用いて課題解決能力を競います。

「第2回科学の甲子園ジュニア全国大会」の問題と解説

PAGE TOP

お問い合わせ先

全国大会については、下記連絡先までお問い合わせください。
また、各都道府県大会への参加方法については、各都道府県の教育委員会にお問い合わせください。

国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)
理数学習推進部  才能育成グループ
〒332-0012 埼玉県川口市本町4-1-8 川口センタービル
Tel:048-226-5665
Fax:048-226-5684